読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消化中

何人かの方が私のブログを見てコメントをくださったので、今日は勉強の合間に頂いた意見を消化していました。

 

日曜日や長期休暇には外部イベントに参加するようにしていたとはいえ、普段文章を見せ合う相手や議論する人たちは基本的に三年間かわらないクラスのメンバー。その中で様々な価値観があるとはいえ、うちのクラスの文化みたいなのが出来上がってくるから、私の常識とかをつっついてくるようなコメントはとても刺激的でうれしかったです。

 

色々なことを多面的に考えられるようになったり文章かけるようになってきたのは担任やクラスのみんなのおかげだと思う反面、思ったよりクラスの文化が染みついてるのだなと感じました。まだまだ年齢的にしょうがないとはいえ経験や知識も少ないなーって。

 

担任はずっと「僕に騙されちゃだめですよ」とか「ほかの先生たちにも意見をもらいにいって自分の気に入った意見を取り入れればいい」とか言ってたし言ってるなあというのを思い出して、担任を信頼しているからこそちょっと感化されている部分が良くも悪くもありそうだなと思いましたね。騙されちゃだめだ。担任の意見だって参考意見だ。

 

まあいろいろ考えたけど、最終的に思ったのは未来の自分がこのブログ読み返してどう思うのかなってことかね。去年書いた世界史論述すら鼻で笑っちゃうくらい文章力足りなくて今の自分と民主主義の定義とか全然違ってなんじゃそりゃ!って思いながら読むのに、こんなおもったことつらつら書いているブログを十年後とかに読んだらなつかしく思うのかな?黒歴史かな?もしかしたら自分が言ったくせに反対しはじめるかもしんないし、逆にこれが人生のバイブルになってんのかもしんないし・・・わかんないけどちょっと楽しみ。

 

それでは「卒業」レポートの名が付きながらGW明けには提出できるようにといわれているレポート作業を続けてきますかね。自分の好きなテーマで書けるから内心かなり楽しかったりする。夜の息抜きだね。